五月病・・・六月病もあるらしい

yjimageBMCOG3PJ

もしかしたら五月病かも・・・

気温も高くなってきて、気分も晴れやかな季節……ではあるけれど、逆に気分が落ち込んだりしていませんか?

もしかしたら、その症状は「5月病」かもしれません。これって良くあることで、新学期や新しい職場、環境の変化などで起こりやすいストレス症状ともいえます。

代表的な症状は以下の通り。
・朝、起きると気分が暗くなる

・夜、眠・肌荒れがひどい

・食欲が湧かないか、過食になる

・休日もやる気が起きない

・食欲が湧かないか、過食になる

・イライラして、彼とケンカばかり

・訳もなく涙が出る

・呼吸が浅いれない

・肌荒れがひどい

これは、一部ですが、他にも肩凝りや腰痛、めまい、頭痛など色々と身体に現れてきます。ちなみに、私の場合は耳が聞こえにくくなったり、頻尿になったりするのですが、出る症状は人それぞれです。

では、なぜこのような現象が起こるのでしょうか。不思議ですよね。これは、今の時期を代表していわれる「5月病」だけに限りませんが、悩んでストレスがかかると、活動しているときに活発な「自律神経」と休憩しているときに優位になる「副交感神経」のバランスが乱れることで起こる現象だそうです。

すると、自律神経のバランスが崩れ、カラダのあちこちに不調が現れるのです。器官の疾病ではないので、病院に行っても異常がないと言われて帰されることがほとんどだそうです。その証拠に、日によって体調がいい時と悪いときの差があることが多いですよね。

病名がつかないことで、さらに不安になるんですよね。私も、気分で体調が変わりやすいのでよく分かります。「病気じゃない」なんだけど「体調が悪い」、この状態を改善するには、とにかくストレス発散してリラックスすることが大切です。

■辛い気持を誰かに話す

5月病になりやすい人の特徴で、「悩みを人に打ち明けられない」という人がけっこういます。とくに、真面目で人一倍気を遣う性格で相談するのが申し訳ない、と思っていることも。でも、たまにグチを言うくらいなら、かえって相手は「頼りにされている」と嬉しくなることも。吐きだすことで、心のつかえが取れたり、悩んでいる原因を客観的にみられるようになるのでおすすめです。

■アロマテラピーを楽しむ

リラックスに最適なアロマテラピー。とくに男性では「根拠がないのでは」と敬遠する人も多いのですが、実際にウツ病の治療にも取り入れられています。精油の香りが嗅覚から取りこまれると、自律神経やホルモンを調節する視床下部へと伝わり、神経組織を安定させます。鎮静、抗うつ効果のあるイランイランやローズウッド、ラベンダー、クラリセージなどのオイルをハンカチに垂らしてたまに嗅ぐだけでも効果的です。

■旅行や、行ったことのない町へ行く

ユウウツな気分のときに踏み出す一歩はとても重いですが、思い切って旅に出てみるか、近くでも行ったことのない駅で降りてみたりしてください。普段の生活圏の中にいると視野が狭くなるけれど、新しい土地に行き、非日常を感じることで一時的に悩みを忘れることができます。ちょっとした変化が、大きな変化へとつながっていくはずです。

■規則正しい生活を送る

疲れるから、気分が乗らないからと、休日にダラダラ寝ていたり、一日中テレビを見ていたり、適当に食事を摂ったり、不規則な生活をしているとさらに自律神経のバランスは崩れていきます。今の生活のリズムを見直すことで、心と体を整えていきます。食事では、ストレスを感じると不足するタンパク質、ビタミン類、カルシウムやマグネシウムを積極的に摂るようにしましょう。

ありきたりのことなので「こんなこと」と思うかもしれませんが、実際にやってみるとそのうち体調が良くなっていくのが分かるので、ぜひ実践してみてください。

しかし、社会人にとっては、5月より6月が要注意。GWの余韻も消え去った今の時期に心身の不調を訴える人が多く、「六月病」とよばれているのです。

■「六月病」とは一体どんなもの?

六月病は、気持ちが沈んでやる気が出ない、体が重くてだるい、食欲がなくなる、なかなか寝付けない、不安やイライラなど、五月病と同じ症状があらわれます。六月病は、五月病と同様、真面目で責任感の強い人、内向的で自分の感情をあまり表に出さない人がなりやすいといわれています。さらに、真面目で几帳面な性格の人ほど、やる気が出ないのを自分のせいにしてしまったり、些細なミスで落ち込んでしまったり…と、症状を悪化させてしまうことが多いようです。

五月病も六月病も正式な病名ではなく、医学用語でいうと「適応障害」にあたります。新年度から入社や異動、新プロジェクトなどで、これまでとは違った新しい環境がスタートし、その中でたまったストレスによって、心身の不調をきたしてしまうのです。

■なぜ6月に不調があらわれるの?

これまで一般的には五月病といわれていたこれらの症状が、6月にあらわれるようになったのには理由があります。新入社員の場合は、最近では新人研修期間を長く設ける企業が増えているため、6月頃に正式に配属が決定になり、実務につくことになります。また、たとえベテラン社員であっても、業務の専門化やIT化などによって、新しい仕事に慣れるまでには時間がかかります。

春から梅雨にかけて気候の変化が昔よりも大きくなっている(最近では一年通してですが・・・)ことで、今までは何ともなかった人が突然かかってしまうかもしれません。疲れたと感じたときは、意識してリラックスすることお勧めします。

The following two tabs change content below.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です