あなたのお子さんは大丈夫?…他人事ではないネット依存

medium_11970795853

■ネット依存の中高生が全国に51万8000人

いつもスマホを手放せず、オンラインゲームやLINE、動画など、食事の時も風呂やトイレまで、自転車に乗りながらスマホをいじっている人をよく見かけますよね。今ではごくごく当たり前のように思えますが、よくよく考えると異常ですよね。便利なツールですが、使い方を考えないと依存症になってしまうかもしれない。

厚生労働省の10万人調査による推計によると、「ネット依存の疑いが強い」とされた中高生は全国で8%(大人の約4倍)、51万8000人もいるそうです。高校生の半分がネット依存予備軍だと言う人も・・・。

・やめるとイライラしたり、落ち込んだりする

・ネットをやめようと思ってもやめられない。

・ネットのために現実の大切な人間関係、学校や部活の活動が台無しになったり、危なくなったりしたことがある。

・不安や嫌な気持ちから逃げるためにネットを使う。

・ネットにのめり込んでいることを隠すためにウソをつく。

このような状態の中高生が、8パーセント、52万人いるそうです。

リビングにあるデスクトップ・パソコンを使っていたうちはまだ良かったのですが、スマホや、さらにゲーム機やiPod touchをWi-Fiで使うようになって、手軽にインターネットを使えてしまう状況が事態を悪化させているとおもいます。

悩んでいる親もたくさんいると思います。

■ネット依存は病気なのか・どうすれば良いのでしょう

まだ意見は分かれているそうですが、インターネット依存症もアルコール依存と同様に考えるべきとの意見もあるそうです。アルコールの専門病院である久里浜医療センターでは、「ネット依存治療部門」が作られました。

軽い依存は、用もないのにネットにつなぐ、いつもスマホが手放せないといった程度です。親子でネットにつなぐ時間を決めたり、本人に記録を取らせネットのやりすぎを自覚させるなどで改善も見込めます。

重度の依存は、ネットのために学校を休んで、しまいには不登校に陥ってしまうことも。ネット以外のことは全く信用できなくなり、食事や風呂の時間も惜しみます。外出もせず、運動もせず、満足に食事もせず、昼夜逆転してしまう子もいます。

まわりは、勉強しないことで悩み怒り、学校(仕事)を休んでしまうことで猛烈に悩み怒り、さらにその不健康な生活に悩まされます。

家族から見ると、人が変わったように見えたりするそうです。以前とは目つきが違い暴力的になったという親もいます。

この重度のネット依存の段階で無理に、スマホを取り上げたり、ネットの接続を切ると、暴言暴力が出ることも。アルコール依存症と同様です。ふだんはおとなしい子からは想像もつかない言動が出たりしてしまいます。

■親の孤独と絶望

子どもの困った状況を、なかなか人には話せませんよね。学校の先生に話したとしても、なかなか理解してもらえないことも多いと思います。いくら急激に増えたとはいえ、アルコール依存症のように病気とゆう認識がされずらいのかもしれません。

親が、その壮絶な状況をなかなかそのまま話せないこともあるのですが、聞く方からすると、ゲーム好きぐらいにしか思えなかったりしますよね。

でも、酒好き、大酒飲みと、アルコール依存症は違います。重度のネット依存も、ただのゲーム好き、ネットに熱中しているといったこととは、大きく異なるのです。

親が良く受けるアドバイスとして、ゲーム機を取り上げろ、スマホの契約を切れ、時間を管理しろ、子どもと約束しなさい、Wi-Fiのスイッチを切りましょうといったものがある。

子どもとの約束は、最初にスマホやゲーム機を買うときにはとても有効だと思います。取り上げたり、スイッチを切るのも、軽い状態なら効果があるかもしれません。しかし重度の依存になれば、そんなに簡単に解決してくれません。

アルコール依存症の家族に、「酒を飲ませなければ良いでしょ、それで解決。」と、簡単に言えないのと同じだと思います。

■子どもの重度ネット依存への対応

重度のネット依存になると、普通の方法は効かないと思います。だからといって、特別な薬があるわけではありません。

親はまず、情報を集める事から始めましょう。ネット依存とは何なのか。地域にはどんな支援機関があるのかを調べましょう。周囲の人にも理解してもらい、支援者を作るのもいいと思います。

子どものネット依存の裏に、クラスの人間関係や発達障害など、他の環境的問題や本人の心の問題が潜んでいることも。

ネット依存は、ネットの問題だけではなく深い根がある場合もある。冷静に、もう一度、問題と向き合いましょう。

そして、人間関係の修復です。これが一番大切なんだと思います。こじれた親子関係をほぐし、信頼関係を取り戻す努力をしましょう。

信頼関係が回復し始めると、子どもも少しずつ変化が生まれるでしょう。ネット依存状態であることの自覚が生まれ、ネットのために失ったことを自覚してきます。これは、大きな進歩です。そして新たな希望を発見し、医師や、スクールカウンセラー、そして家族らの支援者と共に解決の道を歩み始めるでしょう。

ゲーム機や携帯電話が普及してきた時も同じような問題がありました。ですが、新しい物がすべて悪いわけではありません。これからの時代、インターネットはもっと身近になると思います。これからはインターネットとの上手な付き合い方を身につけていければいいですね。

The following two tabs change content below.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。