結婚…男の覚悟

ff123a8c

男は結婚に踏み切るには覚悟がいるんです

パートナーがいる男なら一度は結婚を意識すると思いますが、どう思い立ったからすぐに結婚に踏み切れる男性は少ないんじゃないんでしょうか。それでは、世の男性がどうやって結婚に踏み切ったのか調べてみた。

結婚するには『覚悟』がいる――これは、男性がよく口にしますよね。適齢期にもなると、付き合っている恋人同士でも、「結婚したがる女性」と「ためらい、覚悟を決められずグズグズしてしまう男性」となるカップルは多いと思います。非正規雇用社員の増加や就職難などにより、さらにその傾向は強くなっていると考えられ、未婚化、少子化を引き起こしている原因だと思います。今の結婚しずらい世の中で結婚に踏み切る「覚悟」について考えてみましょう。

ペンギンやツバメなど、鳥類のオスがせっせと我が子に餌を運ぶ姿はよくTVなどでも見かけますが、ほ乳類のオスは、ほとんどが子育てに手を貸しません。人間の男性は、「女性と子ども達のためにせっせと働き、財産を分け与える」という珍しい生き物だそうです。特に戦後の日本ではそれが当たり前で、逆に「妻が外で働くのをいいと思わない。」「女性には家にいてほしい。」という男性が大多数でした。しかし昨今は、それを当たり前に思わない=つまり妻子を養うのを望まず、お金も時間も自由になる独身貴族でいたい、そういった主義の男性も現れてきています。

女性のほうはと言えば、現在は「生涯、働き続ける」という女性も増加しているものの、いわゆる専業主婦のように「男性の労力を借りて、子供を育てながら生涯を過ごす」、そんな生き方を望み、選んでいく女性は少なくありません。さらに、経済不況に影響を受けてか、10代20代の若い女性ほど「専業主婦になりたい願望を持っている」ということも、近年報道されていいるそうです。しかし、現状は夫婦で働かないと経済的に回らないということもあり、実態は共働きの夫婦が多いようですが、本心は専業主婦になることを願っている女性も多くいると思います。逆に、「男性に寄生して生きるのを嫌い、自分で生計を立てたい」という主義を持つ女性もおり、女性の生き方は二極化しているかもしれません。

■ 男性は、「この人のためなら」と思える人に出会えたとき、「覚悟」を決める

進む未婚化について、「最近の女性は、性的な関係をすぐに結び、同棲をして手料理なども食べさせてあげたり、結婚で得られるメリットを先にすべて与えてしまうから、結婚に至れない」――そんなことを主張している結婚アドバイザーもいるそうです。確かにこれには一理あるようで、男性は独身時代に上記メリットだけを先に経験してしまうと、残るは結婚のデメリット、つまり「お金や時間が自由じゃなくなること」や「社会的責任を取らなくてはならなくなること」、それらを背負うことが、イコール「結婚」だと感じるようになってしまう。近年では、独身でも衣食住を満たすサービスは沢山ありますよね。つまり、結婚するメリットが男性にとって減っているのかもしれません。

世の中には、「何も考えずに入籍しちゃいました。」なんて勢いでの結婚も沢山あります。しかし上記のような理由で、現代は多くの男性が、女性よりも、結婚することを「慎重」に考えていると考えられ。「妻子を支えられる自信がない」「経済的に先行きが不安」という男性は、やはり結婚に踏み切れず、また一定の収入がある男性でも、「この人を養いたい、支えたい」「この人のためなら、自分の労力や財産を注いでもいい」とまで思える女性に出会わないと、結婚する「覚悟」ができない……それが多くの男性の心理だそうです。

■ 女性は、男性が決めた「覚悟」を感じたいもの

家庭を支え、子供を産み育てるのは主に女性であり、その役割はとても重要。人類は長い歴史のなかで、「女性が家事や子育てをし、男性が労働をして、食べさせること(金銭面)を担う」というスタイルを、多くの民族が選びました。男女のどちらが優秀で、どちらの仕事や役割が重要か、という議論はまったく無意味です。養われることに女性が負い目を感じる必要は一切ありません。しかし、結婚の「覚悟」を決めるということは、男性にとってはやはり多少なりとも重みのあることで、その男性にとって「自分の人生を懸けるだけの価値がある女性だから」ということにだと思います。

男性も女性も、いざ結婚を目の前にして迷ったときや、結婚して後悔や悩みが出てきたときは、一度この「覚悟」について思い出してみるのもいいですね。男性が「結婚するリスクやデメリットを背負い込んででも、この女性だけは失いたくない」と思ったから、結婚をする(した)こと。女性のほうも、先行き不安や独身が増加する現代で、「幸せな家庭を築く、子を育む」という夢を叶えてくれる(くれた)のが、自分の恋人や旦那様だったと。時々は、そのことを大切に、有難く思い及んでみるのも良いと思います。

私自身は結婚するか悩んでいたときに言われた一言で「結婚を悩みだしたら結婚しどきだよ」と言われ結婚に踏み切れたのを覚えています。自分一人で悩まずに周りの先輩たちに聞いてみるのもいいかもしれませんね。

The following two tabs change content below.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。