ウィンドウズ10(Windows10)のアップデートをやる前に押さえておきたいこと

Windows10-Cover_w_500

ウィンドウズ10を使いこなすには

先月からウィンドウズ10を使ってみて、とてもいいものだと思ったのでもっとみんなにアップロードしてみてもらいたいので調べてみた。

アップロードするべきか迷っているあなたに読んでみてもらいたい。

7月29日から、マイクロソフトの新しいOS「Windows 10」の公開が世界で一斉に始まりました。Windows 7及びWindows 8の利用者は、ここから1年の間は無料でWindows 10へのアップグレードが行えます。

期間は1年もあります。そのため、早く入れてしまうべきなのか、それとも待つべきなのか、迷っている人も多いでしょう。

Windows 10は完成度の高いOSだが、アップグレードにはやはりリスクがつきまとうと思います。特に今回は、技術的な条件だけでなく、「今後のOSアップグレード・スケジュール」全体にも関わる大きな変化を伴ったOSとなっています。

そこで、一般的なビジネスパーソン向けに「アップグレードするべきか否か」を考えてみましょう。

完成度は良好ですが最大の変化は「ビジネスモデル」

Windows 10の完成度はどうなのか。その点について、私は「大きな心配は不要である」と断言していいと感じてます。(個人的な考えですが・・(笑)。)

Windows 8では、増加するタッチデバイスへの対応を含め、あまりに性急な変化がもたらされた結果、これまで「仕事の道具」としてWindowsを使ってきた人を大きく戸惑わせるものになっていた。OSのスピードや安定性の面で、Windows 8は7やXPよりも優秀だと思うが、使い方が劇的に変わってしまった結果、ひどく使いづらくなった、と思う人が多かったのも事実だと思います。

その後、2013年10月、修正を加えた「Windows 8.1」で改善が行われたものの、それでも評判は良好とは言えないでしょう。

Windows 10では、キーボード+マウスという古典的な作業スタイルをスポイルせず機能追加を行った上で、タブレットやペンなどの、より自由度の高く新しいハードウエアを活かせるものになった。これからのPCが備えるハードウエアを生かすOSとして申し分ないと思います。

The following two tabs change content below.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です